投資はひとりでは出来ないというのは事実か?

投資はひとりでは出来ないというのは事実か?

投資家というとコツコツとパソコンの前でディスプレイを何枚も並べて孤独に画面と向き合っているというイメージがあるのではないでしょうか?そういうディーラーと呼ばれる方は職業としては多数いますが、一般の個人投資家がやるには少々難しい部分があります。

それに情報や自分の投資方法が正しいのかとわからないことだらけになりますからね。そのためひとりで投資をするというのはかなりのハンデが背負わざる負えないと判断出来ます。

ではオンライン講座は投資講座として向かないのではないないかと思ってしまうかもしれませんがそんなことはありません。それはスクール次第と言えます。

ディスカッションと交流会とリアルな関わり

どうしてもオンライン講座で勉強をしているとわからないところもあったりと孤独を感じることがあります。例えば質問でわからないところがあっても電話して確認すればいいだけですが、それでも不安のようなものは拭えないところがあります。

そういうことがないように源太流先乗り株カレッジでは対策をしています。

ディスカッションで白熱

オンラインになってしまうのですけど、チャットでしっかりと今日のやり方は正しかったのかとか次の優良銘柄はどれだと会話を繰り広げることが出来ます。投資をしているということはまわりには中々言いにくい部分もありますので、こういう場で議論することにより日頃の鬱憤が発散することが出来ますね。

交流会がとりあえず間違いない

実際の塾生と会えるということはかなりプラスになります。同じ境遇にいるので悩みも話やすいですし、もちろん関係ない話をしても問題になりません。また源太先生も来てくれるので気軽に相談も出来ます。こういう交友関係を新しく持つと世界が変わり新しい一面があるんだなということが実感出来ます。ここでしか聞けないこととかもあったりするので機会があれば参加をお勧めします。

ひとりで抱えこまなくても大丈夫

割と人間はひとりになっているときが弱いといわれるときが多かったりします。特に投資は繰り返しになりますが中々相談出来る相手もいないですし、相談したとしても知識を持っている相手は中々いません。

ただ一緒に源太流先乗り株カレッジで勉強している仲間ならどうでしょうか?切磋琢磨もしていますし、マインドも共通なので的確なアドバイスもくれ、さらにお互いどうすればステップアップ出来るかという話も出来ます。

TOPページを見る